私の青夏ー大好きな彼とー

高校二年生の時に大好きだった人がいました。それまで私は何人かと付き合いましたが告白されてOKしたら何か月か後にはふられるということが多々ありました。あの時は何がダメだったのかわかりませんでしたが、今思えば告白されたことがうれしくてOKしただけで、相手のことをよく理解していなかったからかもしれません。
http://esperanto-ra.org/fukushimaken/

そんな私にも高校二年生の時好きな人ができました。クラスが同じわけではありませんが、その時仲が良かった友達と部活が同じ(剣道部)で、自然と目が追うようになりました。一目ぼれに近いかもしれませんね。私は好きとわかったら行動に出るタイプなので、バレンタインにチョコを渡しました。

話したのはその時が初めてで、ろくに目も合わせないままチョコを渡しましたが、その行動のおかげで向こうも気にかけて(?)くれるようになり、何とかLINEもゲットして連絡を取るようになりました。毎日すごく幸せでしたが、連絡は取るものの学校では話さないということが4か月も続き、私は勇気を出して二人でお祭りに行くことを提案しました。

授業が終わった後、二人で歩いていると「え、なんで二人でいるの?付き合ってるの?」というセリフを何人もの人に言われました。確かに学校では話してないし、クラスも部活も違うのでみんな驚きです。「違うよ、付き合ってないよ」と否定しながらも、内心そういわれるのがうれしくてにやにやするのを必死に抑えていました。

実は私が好きだった彼は結構なイケメンで、ひそかにモテていましたから、恥ずかしながら私は優越感に浸っていました。お祭りもすごく楽しくて、花火を見ているときは時間が止まればいいのにってずっと思ってました。帰り道、私は話したいことがあるといって、彼に告白しました。そしたら「ずっと何か言いたそうな顔してたよね。」と笑って、「こちらこそお願いします。」とOKしてくれました。

うれしすぎてすぐ友達に報告しました。今はその彼とは別れてしまいましたが、自分でもどうしようもないくらい彼が大好きで、毎日がとても楽しかったのを覚えています。今思うと、その時が私の一番の青春だったのかもしれません。