夏フルーツの効能を紹介します。

店頭には色鮮やかな夏のフルーツが販売されています。

その中で、旬の夏に食べると良い効果があるフルーツがたくさんあるそうです。

そこで、今回は夏のフルーツの効能などのご紹介をします。

http://www.leilaniwolfgrammmusic.com/

パイナップルは、1年中店頭に並びますが、旬は夏です。

パイナップルにはレモンや梅干し同様「クエン酸」が豊富に含まれているので食欲がわかない方にはお勧めします。

また、食物繊維も豊富なので便秘解消にも効果が期待できます。

スイカは、リコピンが豊富に含まれていて効酸化作用の成分があり、紫外線によるシミ・そばかすなど、老化の防止になるのでアンチエイジングが期待できます。

イチジクは、ペクチン成分が含まれ、腸を活性化させたり、油分の消化も助けてくれます。1日2~3個食べれば便秘解消、夏バテに効果的です。

マンゴーは、カロリーが少なく、糖質やでんぷん成分がアルコールの消化を促し、ビタミンB1も含まれ、効酸化作用の強いビタミンAやβカロチン、ビタミンCも豊富に含まれています。

アンチエイジングしながら、シミ・そばかすの緩和まで出来ます。

以上で「夏フルーツの効能」についてでした。

夏フルーツには、たくさんの良い成分が含まれているので、甘い物が好きな女性はケーキなどのスイーツよりカロリーが低く、アンチエイジングもできますので、積極的に夏のフルーツを取り入れてみてはいかがでしょうか。