バーレッスンで筋トレ

バレエは華やかな芸術。しかしダンサーの毎日行っているバレエの基礎、バーレッスン。意外とこれが筋トレに繋がります。鍛神(きたしん)を購入して3ヶ月

アスリート並みに筋肉を必要とするバレエの動きの導入、プリエといういわゆる屈伸運動。これが結構ジャンプなどの動きに重要になってきます。バレエの1番から4番までのポジションで背筋を伸ばしたまま引け腰にならないように音楽に合わせ、ゆっくりと呼吸を感じながら行い、グランプリエからドミプリエをとおる時はふくらはぎの筋肉を意識し、伸び上がる時は内転筋を意識します。

繰り返し行うことで大きな大腿筋も使い、終わりのポジションを正しく保つことで大臀筋に意識もいくのでヒップアップにも繋がります。それ以降のタンジュ、デガジェ。フランス語を使うバーレッスン。意味を調べ、動きを覚えて行うとより効果を感じることができます。

姿勢も良くなり、運動パフォーマンスもあげることが出来ます。現にヨーロッパのサッカーチームやラグビーチームなどでも取り入れてるところもかなりあります。もちろん、フィギュアスケート選手は必ず行っています。最近ではバーレッスンだけを行うバレトンなども流行り始めましたが、スポーツジムなどでバレエに参加するのも楽しいと思います。